海外生活に必須!海外安全対策マニュアル たびレジ

昨年連載50周年を迎えたさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」。 硬派な殺し屋デューク東郷は、実はいつでも、どこでも、大体何でもやってくれるクールガイでした。

暗殺者ゴルゴ13の直近のお仕事は、外務省とのコラボレーション。 ゴルゴ13は国家の敵そのものなはずですが、案外気のいい暗殺者な様で、国のお仕事を結構引き受けています。

健康を愛する闇の住人(多分)のゴルゴ13は厚生省の脱法ドラッグ反対というポスターにも出演していたりもします。 自分の強敵になりうる(かもしれない)岩手県の自衛隊募集ポスターにも特別出演しています。

→厚生労働省   →岩手県自衛隊

これまでの自分の不健康を反省して、もっと元気に暗殺!を心がけて(?)養命酒とのコラボも行なっているとのこと。
国だけでなく、民間業者とも癒着が激しいゴルゴ13は色々なところに顔を出しています。

長い前置きはさておき、ゴルゴ13×外務省。
「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

20XX年、世界は核の炎に包まれはしませんでしたが、世界各地でテロや災害が頻発したこの数年。
外務省でもこの事態を何とかするべく、最もこの任務に適していそう(外務省調べ)ゴルゴ13に一般人を守るべく安全対策を指南してくれる様に依頼・・・というのが、ストーリーの始まりです。
タイトルは 「中小企業向け」 ですが、個人の方にも役立つマニュアルです。

【正式なあらすじ】
この数年,テロが中東や北アフリカのみならず,欧米やアジアに拡散し,今や在外邦人もテロの標的になっている。 このような状況下,外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。 ゴルゴは大臣の命を受け,世界各国の在外邦人に対して,「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・。
外務省海外安全ホームページ

コードネームに合わせて13話あります。 舞台は、日本はもちろん海外のテロ活動が盛んな場所として有名な地域がピックアップされています。 残念ながらテロ活動が盛んであるとの認識なのか、ドイツも第8話「オフィスの安全対策」の舞台になっています。
漫画そのものはPDFでダウンロードしたり、詳細をYoutubeで解説を聞きながら見たりもできます。

ビデオでは、能化領事局長が各話丁寧に解説してくれます。 ニコリとも笑わないニヒルさ・・・からのちょっとはにかんだ感じに萌える方もきっと多いと思うんですが、そこは個人差があるので割愛します。 きちんと内容を把握して海外での安全を確保できるようにしてください。

ちなみに、日本の空港やドイツ国内の商工会議所などで、このような冊子版も配布されました。 (世界中で配布・10万冊発行)

24時間働けますか?

ポスターやマニュアルに出演だけでなくプライベートも切り売りするゴルゴ13ことデューク東郷さん。 デュークトークを満喫したい方は、外務省海外安全ホームページ→ LINE公式アカウント「外務省」

必要事項のみ話しかけてくるので、そんなに通知はこない。

たまに雑談もしてくれます。 でも照れ屋さん

もっとゴルゴ13と仲良くなりたい人に必須の「たびレジ」と「ORRネット」(おまけで「海外安全アプリ」も)の登録もお忘れなく。
と、言われても自分が登録すべきモノがどれか分からない・・・となった時に、ちょっと見ていただきたいのがこの図表。

ORRネット(必須)=長期間海外で在住予定の人用
お役所的な難解な(?)システムではなく、手軽に、分かりやすく、しかもネット環境があれば、どこからでも届けが出せるようになったのが、ORRネットです。
これまでは海外で住む場所が決まってから、やっと領事館などに登録に行ける・・・という一番忙しい時にしなければいけない在留届。これからは、自宅からでも、職場からでも、オンラインで登録が可能になりました。

たびレジ(推奨)=実際に海外に在住・旅行する人用
たびレジは、ざっくりまとめると誰でも登録可能。 ただし、3ヶ月以上海外の1箇所に留まる場合はORRnetから在留届を出します。
在留届を出していても、海外旅行など一時的に所在地が変わる場合はたびレジへの追加(?二重?)登録が必要です(推奨)

たびレジ(簡易登録)=誰でもどこに住んでいてもOK
自分は日本在住だけど、大事な人が海外にいるの・・・という場合もたびレジ(簡易登録)に登録が可能です。

たびレジも、ORRネットも登録すると、登録に利用したメールアドレスに緊急時や、滞在中の国・地域で暴動や非常事態が起こったら素早くメール連絡がきます。
海外ニュースが飛び込んできてもその国の言語に慣れ親しんでいない場合は、何が起こったのか? どうなったのか? などわからないけど、危険は感知できるという不安な状態になるかと思います。
最近は情報がかなり素早く伝達されるので、日本で待っている家族の方も「簡易版たびレジ」に登録しておくと安心です。

追記:メールアドレスへの通知は現在は一部の国では適用されていません。 滞在国が含まれていない可能性もあるので、ドイツ以外の国の場合はご自身でご確認ください




こんな記事も読まれています

美容の関連記事

食の関連記事

ドイツ生活関連記事