ドイツ語

【持ち寄りパーティー】笑顔で会話!【ドイツ語】

この数年間はあまり行われませんでしたが、本来、ドイツではオールシーズン・季節の変わり目から宗教的祝日、誕生日に記念日などを祝うパーティーが頻繁に行われます。 ホームパーティーで行うことも多く、ドイツ語力とコミュ力が試される時です。 この記事では、特に「持ち寄りパーティー」で使えそうなドイツ語をピックアップしました。

続きを読む

ドイツのフェノロジカル・カレンダー「春爛漫」

4月はその天気の移り変わりが激しいことから、ドイツ語では「アプリルヴェッター(Aprilwetter)4月の天気」といいます。 暖かく晴れたかと思うと雷雨に襲われたり、みぞれや雪、果ては雹まで降ったりする気象現象を、半ばあきらめ気分で受け入れる言葉です。ドイツのフェノロジカル・カレンダーでは、この4月が終わるころ、「春爛漫」という3つ目の春の季節が始まります。

続きを読む

Advertisements

ドイツのフェノロジカルカレンダー「春先」

1年が春夏秋冬の4つではなく、さらに細かく10の季節に分けられるフェノロジカル・カレンダー。前年の11月から約4か月続いた「」のあと、2月下旬から3月上旬にかけて、「春先」が始まります。季節学(フェノロジー)という学問に基づいた自然派のカレンダーによる、季節の見分け方をご紹介します。

続きを読む

ドイツのフェノロジカルカレンダー「冬」

日本と比較すると、全体的に緯度の高い場所に位置するヨーロッパの国々。欧州北部のドイツは、冬の寒さも厳しく、ちょっとした外出にも厚手のコートや帽子、手袋が欠かせません。こんなとき、自然界はどのようになっているのでしょうか?フェノロジカル(生物季節学的)な視点からご案内します。

続きを読む

声に出して読みたい ドイツ農家 季節のことば12ヶ月 4月編

やっと春らしい気候になってきたドイツ。急に暑い日があったかと思うと、また肌寒い日が続いたりして、落ち着かない4月の天気ですね。
日本でも「三寒四温」、「暑さ寒さも彼岸まで」などといいますが、ドイツにも同じような言葉があります。語呂がいいものが多いので、ぜひ口にして、その響きの楽しさを味わってくださいね。これでドイツ語上達まちがいなし!

続きを読む

Advertisements