アート・文化

58Beats Xmas Jam 2019 クリスマス HIP HOP ライブ【ミュンヘン】

ミュンヘンの老舗レコードレーベル58Beatsのクリスマス・ジャム。 今年2019年は12月20日(金) クリスマス前の週末@Milla club で。 ミュンヘンの超有名ラップ・バンドBlumentopfのクルーRoger そしてDJ Sixkay 。 日本でもタワレコやレコードユニオンなどでもアルバムが好評販売中のD-Fekt、Leo Lex & L Oneフレッシュなティーネイジャー・バンド ArOzA Crew とアフターショーにも往年のヒップホップ・ファンにはたまらないDJ陣が揃ってます。
続きを読む

ミュンヘンからノイシュヴァンシュタイン城にバイエルンチケットでGO

実際にノイシュバンシュタイン城へ見学に行ってきました! トイレ情報や実際に利用した電車の時間など詳細情報まとめました。(2019年)

ミュンヘンからSchloss Neuschwanstein ノイシュバンシュタイン城へ実際に日帰りで行ってみました。 目的はノイシュバンシュタイン城と麓のホーエンシュヴァンガウ城、ふたつのお城見学。 人数は大人2人と小学2年生と6年生の2人の子供の4家族です。 チケットセンターでのチケット受け取りにかかる時間が読めないため、お昼のお弁当持参で行ってみました。

続きを読む

ミュンヘンから電車やバスで行く、ノイシュヴァンシュタイン城

有名すぎるおとぎ話の城のモデルと言えば、Schloss Neuschwanstein ノイシュバンシュタイン城。 1869年から建設が行われ、1886年にほぼ完成した状態でルートヴィッヒ2世が半年足らず生活しています。 そんなドイツの観光名所の一つですが、実は2020年までの修復工事中です。 城内では気候の変化によるものや老朽化などに対する、合計2329箇所の大規模な修復・修繕工事が行われています。

特に有名な歌人の間*der Sängersaal、では広間の半分以上が工事の足場が組まれている状態ですが、工事中にも見学者が楽しめるように足場は半透明の印刷用紙を利用して足場を隠しながらも修繕風景が見られるような工夫がなされているのでいます。 「今しか見えない城内」を見学に行ってみませんか?

続きを読む

『The Band -Das Musical von Tim Firth mit den Hits von TAKE THAT』ドイツ公演【ミュンヘン】

90年代英国ポップ! Take Thatの懐かしのヒットメドレーを基にTim Firthプロデュース。 「真の友情と、若き日の夢の物語」と銘打ち、ジュークボックス・ミュージカル『The Band – Musical』がミュンヘンのドイツ劇場で公演中です。 Featured Image©️  TAKE THAT https://www.stage-entertainment.de/

続きを読む

「地震・夢」 ERDBEBEN. TRÄUME【シュトゥットガルト】

(Featured image:Foto by A.T.Schaefer)
演出家Jossi Wieler ヨッシー・ヴィーラー、舞台美術家Anna Viebrock アンナ・フィーブロック、ドラマツルグ※Sergio Morabito セルジオ・モラビト、作家Marcel Beyer マルセル・バイアー、作曲家のToshio Hosokawa 細川俊夫(敬称略)が実際に福島を訪れて構想を練った「地震・夢」  公演はシュトゥットガルト州立歌劇場。 震災をテーマに描かれるのは震災そのものではない。 それが何かを確かめに行ってみてはいかがでしょう?

続きを読む

FU-CHING-GIDO × YXC ライブ【ミュンヘン】

オランダからYXC 、日本からFU-CHING-GIDO ふーちんギド がドイツ・ミュンヘンでダブル・ライフ・コンサートを実現。
ふーちんギドは欧州11ヶ所でコンサートツアーを実施。 ミュンヘンから始まり、ドイツは3箇所。 ドイツ国内のツアーコンサート情報は記事最下部

続きを読む

ミュンヘン グラフィティ

「タグ」=落書き、走り書き、「スローアップ」=1色か2色で素早く書かれたタグのちょっとマシなバージョン、そして、「マスターピース」=色鮮やかで美しく完成されたもの。 グラフィティには色々ありますが、許可のない場所に勝手に書いたものは犯罪行為です。

ですが、時々まるでアートだな・・・と思わず立ち止まって見てしまうものがたまにありませんか?

ミュンヘンには、公的にストリートアート(グラフィティ)が許されている場所があり、そこでは数多くのマスターピースが描かれては、次のペインターに上描きされて行くドラマが生まれています。

続きを読む