camille

健康に良い、食用可能なドイツの春の野草 3選

ドイツではサマータイムが始まりました。外へ出れば、小鳥のさえずりが聞こえ、黄色のレンギョウの花や、紫のスミレの花が春の訪れを告げてくれます。新鮮な空気に触れ、自然と触れ合う季節の始まりですね。
自己免疫力を高めるためにも、おひさまの光を浴びて、戸外で身体を動かすのはとてもよいと言われています。森のお散歩の途中などに見かける野の花について調べてみました。

続きを読む

ドイツの春は大掃除の季節! おうちの清掃&メンテナンスのヒント

ドイツでは、大掃除は年末ではなく、春にするのをご存知でしたか? Frühlingsputz(フリューリングスプッツ)あるいはFrühjahrsputz(フリューヤースプッツ)と呼ばれ、ドイツの人々は春の日差しの中、窓を磨いたり、浴槽をこすったりして、おうちのデトックスに勤しみます。 ドイツ式のお掃除方法をご案内します。

続きを読む

ドイツ、コロナ危機のなか、トイレットペーパーについて考えてみよう

– Coronakrise, Hamsterkäufe und Toilettenpapier – 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機のまっただなか、トイレットペーパーはドイツ全土で品薄状態が続き、貴重なリソースのひとつとなりました。しかし、私達には本当にこの紙でできたアイテムが必要なのでしょうか? 緊急時にどんな代替手段があるのか考えてみました。

続きを読む

ドイツのイースター( 復活祭 )の祝い方【 Ostern 】

キリストの復活を祝う祝日であるイースター。キリスト教においては、クリスマスと並ぶ大切な行事ですが、一般の日本人にはまだあまり馴染みのない祝日ではないでしょうか。ドイツではイースターをどのようにお祝いするのか調べてみました。

続きを読む

10年に一度のキリスト受難劇を体験しませんか? Die Oberammergauer Passionsspiele 2022

ミュンヘンの南西約90キロ、オーストリアとの国境にもほど近い、アルプスの山の中に現れるメルヘンのような可愛い人口6千人足らずの村、Oberammergau – オーバーアマガウでは、2020年の夏、10年に一度の『キリスト受難劇』が行われます。村人総出演、観劇には1日がかりと言われるこの一大スペクタクルをあなたも経験してみませんか?
*2020年3月19日午後に42回オーバーアマガウ受難劇はCOVID-19の深刻な状況を受け、2022年に延期されました。 初演は2022年5月21日に予定されています。

続きを読む

ミュンヘン最大の舞踏会・ミュージカル劇場 | ドイツ劇場 【ミュンヘン】

ミュンヘン中央駅からもほど近いドイツ劇場は、『キャッツ』『エリザベート』『ウエストサイドストーリー』など、数多くの世界的にも著名なミュージカルを上演する劇場です。 歴史あり、ドラマありのミュンヘンのドイツ劇場を訪れてみませんか?
Featured Image:Das Deutsche Theater München an der Schwanthalerstraße (c) Robert Goetzfried

続きを読む