【アイス】まるで日本のアレ!ドイツの菓子【雪見だいふく】

ドイツのお菓子も美味しいけれど、やっぱりたまに食べたくなる日本の定番のお菓子の味。 まるで日本のアレ!なお菓子を求めて、今回発見したのは雪見だいふくぽいアイス。 柔らか求肥餅にアイスが包まれた夏の美味しいアイスが近年人気上昇中です。 実食レビューと購入出来る場所など。

Advertisements

近年アジア人気も高まった事からか、どんどん日本ぽいお菓子も市場に出回ってくれるようになり、簡単に日本ぽいお菓子や食材が入手できるようになってきました。
近年ますます暑さが続くドイツの夏。 今回は見つけられてちょっと嬉しい、まるで雪見だいふくのようなアイスをいくつかご紹介します。

元祖・雪見だいふくを知っておこう

2021年3月〜販売の限定版

ロッテから1981年に販売され、いまも愛される定番アイスのひとつです。

1992年まではバニラ味バージョンしかなく、その後の別味バージョン・いちごやチョコが販売され始め、現在はなかなかに凝った期間限定の味が販売されています。

定番のバニラ味は、肝心のバニラアイスの味にしっかり改良を重ね続けているので、限定バージョンにも負けずに今も売り上げナンバーワンです。

ちなみに最新の限定味は「八天堂監修カスタードくりーむ味」日本に帰国して食べてみたい・・・

パッケージングもなんとなく雪見だいふくといえば2個入り包装のイメージがありますが、実は2018年までは冬季限定販売でした。 ただし、9個入りは一年を通して販売されています。

夏場はお得パックを購入しているつもりでしたが、実は2個入りが限定パッケージだったのですね。 今更の衝撃。

ドイツ版雪見だいふくっぽいアイス

ぽい、と言ってもアイスが求肥(もち)に包まれている、という点だけで、実際の食感や大きさ・形など多少は違った点がもちろんあります。 英国ブランドのlittle moonという雪見だいふく的なアイスが人気を得て、ドイツでも販売が開始されました。 ドイツのスーパーがその人気にあやかって(?)オリジナルなPB商品などを展開し、様々なバージョンがあるので、夏の間に食べ比べてみるのも良いかもしれませんね。

MOCHI EXOTIC

スーパーマーケット REWEから販売されているモチ・エキゾチック。 餅はドイツでも市民権を得ている感が感じられますが、それは多分アジアや日本が好きだったり興味を持っていたり、日本との関連があるドイツ人の中だけのことなのかもしれません。

まだまだ「エキゾチック」な食材なんだな、と実感。 実食の感想はというと、餅部分はまあまあ美味しい、けれど解凍時間をまっている間にアイスが溶け過ぎてしまう嫌いがあり。

このシリーズが形的には一番雪見だいふくに近く(まん丸ではない)、モチ部分も厚みが似ていた気がします。

中のアイスも美味しいけれど、アジアの定番フルール味をチョイス。 日本的な餅に包んだら美味しいだろうなぁ、と想像するアイスクリームの味という感じではない気がします。 個人的には緑茶桜味も甘さが少し強めのアイスな気がします。

購入出来る場所 Rewe , Kaufland
個数 6個入り(3種類2個ずつ)
フレーバー 3種類
ラズベリー・ライチ、 マンゴー・パッションフルーツ、緑茶桜味(緑茶の味はしません)
価格 5-6EUR *

*価格はセールや店舗によって多少変動あり

O-Mochi Mochi Eis

中のアイスはイタリアンジェラート。 餅部分は柔らかな感じで薄くて美味しいけれど、中のアイスが多すぎるような気もします。

結構たくさんコーンスターチ(片栗粉)がまぶしてあるので、かなり粉がポロポロと落ちます。 食べる時はお皿の上か下にナプキンを敷いて挑むのがベストです。 中身のアイス的にはこのブランドが一番美味しい気がしますが、普通のアイスクリームなので溶けるのも非常に早いです。

私が食べたのはチョコ。 店でよく見かけるのはチョコとココナッツ、ピスタチオはラッキーなら。 という感じで肝心の食べてみたいバニラと抹茶には未だ遭遇した事がありません。 どこで売っているのか・・・

店舗や時期によっては色々な味のアイスを詰め合わせで選べることもあり。

購入出来る場所 Rewe(ドイツ南部), Edeka(ヘッセン), Metoro(全土)
個数 6個入り(同じ味)
フレーバー 6種類
ココナッツ、ピスタチオ、チョコ
いちご、抹茶、バニラ
価格 5-6EUR *

*価格はセールや店舗によって多少変動あり

Little Moons

中のアイスはイタリアンジェラート。 餅部分は柔らかな感じで薄くて美味しいけれど、中のアイスが多すぎるような気もします。

英国ではスーパーのパック商品だけでなく店舗もあるので、普通のアイスクリーム屋さんのような感じでその場でひとつずつ選べたりするようですが、ドイツでは6個入りパック(同じ味)しかまだ見かけていません。

意外とスーパーなどでも別商品をよく見かけるものの、Little Moonsは頻繁には見かけないので見つけたら即お試し購入が良いかもしれません。

筆者は業務用スーパーで見かけて購入しましたが、アマゾンなどオンラインショップでも購入可能です。

購入出来る場所 Rewe, Edeka, Metoro
個数 6個入り(同じ味)
フレーバー 12種類  *
バニラ、ベルギーチョコレート、塩キャラメル
ハニーローストピスタチオ、イタリアンヘーゼルナッツ
ラズベリー、ストロベリー&クリーム
マンゴー、パッションフルーツ&マンゴー
抹茶、ゆずレモン、ココナッツ
価格 5-6EUR *

*価格はセールや店舗によって多少変動あり *フレーバー はさらに+ 5種類(チーズケーキ2個入りパック)もあるが、ドイツには未入荷・未販売(2021年7月現在)

食べ終わった後の容器はどうする?

容器は洗ってリサイクルに使うように推奨されています。 ですが、もし、自分で雪見だいふくを手作りする場合は、型作りをする時に役立つので、きれいに洗って取り置いておくのも良いかもしれません。

コツは上部分は平べったく、盛り上がらないようにして餅を閉じてしまうと良い感じに楕円形に治ります。




こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事

error: Content is protected !!