母の日 日本とドイツではどう違う?

5月の第2日曜日は母の日ですね。日本では子どもたちがおかあさんに感謝の気持ちをこめて、赤いカーネーションを送るのが一般的だと思いますが、なぜそうなったのでしょうか? また、ドイツ及びその他のドイツ語圏ではどうなのでしょうか? 調べてまとめてみました。

Advertisements

母の日の起源

©️pixabay_NakNakNak

母の日の起源を遡ると、なんと、古代ギリシャの女神レア(ガイアとウラノスの娘であり、ゼウスの母でもある女神)の礼拝の儀式や、ローマ時代のアナトリアの母神サイベルにまで見られるということです。

アメリカの女性運動から

現在の形の母の日は、イギリスとアメリカの女性運動の中で形作られました。 1865年、アメリカのアン・マリア・ジャービスは、母親の友情の日と呼ばれる母親の運動を発足しようとし、彼女が主催した母の日会議で、参加した母親たちがいろいろな情報を交換することができたということです。

ヨーロッパでも1860年代以降、さまざまな女性運動や女性団体が出現し、平和プロジェクトや女性の権利に加えて、女子の教育機会を増やすためのキャンペーンも行われました。

また、1890年代に国際女性評議会が設立され、国際女性会議での母親の認知度の向上も提唱されました。

母の日の創設者 アンナ・マリー・ジャービス

©️Anna Marie Jarvis / Author Olairian from Wikipedia 

とはいえ、現在の母の日の創設者としては、アンナ・マリー・ジャービス – Anna Marie Jarvisの名が挙げられます。   母のアン・マリア・ジャービス – Ann Maria Reeves Jarvisは母の日運動の創始者のため、母の活動を引き継ぎ実現させた事になります。

アンナ・マリーは、母親の死後2年めの日曜日にあたる1907年5月12日、ウェストバージニア州グラフトンで母の日記念会議を開催しました。

翌年、アンナ・マリーの要請により、グラフトンのメソジスト教会では再び5月の第2日曜日に、母親に対する祈りが捧げられました。その際に彼女は、地元の教会の前で他の母親たちに500本の白いカーネーションを配り、亡くなった自分の母親への愛情を表現しました。

その後、アンナ・マリーの献身的な尽力により、1909年にはアメリカの45の州において、母の日を祝う運動が広まり、1914年には米国議会は5月の第2日曜日を母の日とする共同決議を可決しました。こうして母の日は国民の祝日として祝われるようになったのです。

欧州 – ドイツ語圏の母の日

©️Pixabay_Sabine Van Erp

このような動きは米国だけに限られたものではなかったそうです。 1912年には、母の日国際協会(Mother’s Day International Association)が、母の日を国際的に広めることを目的として設立されました。

イギリスでは、母の日の概念がすぐに普及し、伝統的な母なる日曜日(Mothering Sunday、四旬節の第4日曜日にあたる)と統合されました。

さらに1917年にスイスで、1918年にフィンランドとノルウェーで、1919年にスウェーデンで、1923年にドイツで、1924年にオーストリアで、という具合に、母の日を祝う習慣が伝播しました。

ドイツ

©️Pixabay_FelixMittermeier

ドイツでの母の日は、1922年から1923年にかけて、ドイツ・フラワーショップ・オーナー協会によって設立され、それぞれの店の窓に「母を称える」というポスターが貼られ、政治活動というよりは、花を送る日として祝われました。

現在でも、母の日は法的な祝日ではありませんが、ドイツのフローリスト協会は、5月の第2日曜日を母の人しています。年によっては、精霊降誕祭の日曜日(Pfingstsonntag)と母の日が重なることもあります。

スイス

©️pixabay_Claudia Beyli

スイスでは、母の日を導入するのに、2つのグループ、ユニオン・クレティエンヌ・ド・ジュネス・ジュン・ド・ラ・スイス・ロマンド(Unions Chrétiennes de Jeunes Gens de la Suisse romande)と救世軍が主導権を握りました。

その後、スイスの花屋の協会(彼らのドイツ人の同僚に触発された)、マスターの庭師、そして製菓業者が母の日に参加し始め、1930年の5月の第2土曜日には、母の日として画期的な成果を収めるに至りました。

オーストリア

©️pixabay_Julius Silver

オーストリアでは、女性運動の創設者であるマリアンネ・ハイニッシュが母の日を始めたと考えられています。 オーストリアの母の日は、1924年に、マリアンネの息子のミヒャエル・ルハイニッシュが連邦大統領に就任した2期目に導入され、ボーイスカウト運動と一緒に、母の日はすぐに普及しました。

いずれの国でも、特に赤いカーネーションにこだわらず、花やその他のプレゼントをお母さんに贈る日、となっているようです。 今年あなたは、お母さんに何をプレゼントしますか?

 




こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事