どうしても!ドイツのソーセージを日本で食べたい時の、おすすめ通販

ドイツに旅行に訪れた人も、駐在や学生として滞在していた人も、誰もが日本に本帰国した時に呟く言葉かもしれない 「あ〜、ドイツのソーセージまた食べたい」 しかし、日本へはお土産で持ち帰ることも、ドイツ在住の友人に郵送で送ってもらうことも出来ない肉類。 個人の力では難しくても、国を超えた越境ECサイトなら、日本でもドイツのソーセージは食べられるんです。 おすすめしたい越境ECサイトをまとめてみました。

Advertisements

日本でドイツのソーセージ類や肉類を食べるには

近所にドイツ料理のレストランがあるならば・・・

正直なところを言うと、オススメはドイツ料理を提供しているレストランに行くこと。 多少日本アレンジされているところもあれば、本場ドイツと遜色の無い味を提供しているところもあるので、見極めも必要ですが・・・やっぱりレストランで食べる食事は美味しいです。(ドイツでも同じですが) 問題点は、近所に無い場合は距離的な問題で行けないこともあるので、そんな時はやっぱり通販・お取り寄せです。

日本に輸入されているソーセージの種類

輸入業者のみなさんが日夜頑張ってくれているお陰で、日本では入手し辛いドイツの食材やソーセージも案外気軽に食べれる様になってきました。 個人でも自由に通販できる様になったところも嬉しいところですが、まだまだドイツの品揃えと同じほどには選択の余地はありません。 購入できる肉類といえばだいたいが

  • 缶入りソーセージ
  • ビン入りソーセージ
  • 真空パックソーセージ(またはハム)
  • 生ハム

などが主流になります。 この他にも一部パテなどもありますが、大体はこの4種類。 個人的にはより素材の味が楽しめる真空パック入りなソーセージや生ハムを購入していただきたいです。 日持ちはしませんが、本場の味により近いと思うからです。 (缶入り・瓶入りにも良い点はあるのでそこは個人の好みでお選びください)

 

オンライン通販で取り寄せてみよう

©︎ https://www.amazon.co.jp/ノッカー社

Amazonで通販なら

Amazonで購入するなら、数あるドイツの肉類ショップ(とは言わないか・・・)の中でも、ノッカー社がおすすめです。 商品の中でも特にこちらを推したい。 お値段手頃、ノッカー社の白ソーセージ

ポトフに入れても美味しいよ、とサイトの説明に書かれていますが、やっぱり白ソーセージと甘いマスタード süße senf で食べること一択で勧めたいです。

 

©︎ https://www.gift-land.com 生ハムが日本でも食べられるなんて!

世界のお土産通販 Gift Land

ドイツの生ハムは、ソーセージの知名度に比べればあんまり有名では無いかもしれません。 ですが、生ハムも非常に美味しい。 むしろソーセージよりも私は生ハム、特に、schwarzwälder schinken が好きです。 シュヴァルツバルターシンケンは、シュヴァルツヴァルト地方で作られた豚またはイノシシの生ハム。  ちょっと癖のある香りと多少塩味がきつめなところが酒に合います。  Gift Land ドイツ シュヴァルツヴァルター シンケン

 

©︎ https://www.worldsp.jp

肉系以外のお土産が豊富 World Shopping Plaza

豊富なドイツ土産が揃っているので、肉系以外をオンライン通販で取り寄せたいなと思ったら、まとめて通販も良いかもしれません。 ビアブルストが入っているところがポイントが高い! World Shopping Plaza  ドイツ ソーセージ詰合わせ

 

©︎ https://www.worldsp.jp

世界のお土産ショップ Sanyodo

Curry Bockwurst カレー味のついたボックヴルスト(ソーセージ)がセットに入っているのは高ポイント。 ドイツの香辛料は結構美味しくていろいろな食材でアレンジされて使われています。 案外旅行中には定番ばかりで、出会えなかった味かもしれません。 Sanyodo 世界のお土産ショップ ドイツお土産 ハライコ

よくよく考えたら、越境してないっぽいECサイトばかりになってしまいました・・・(商品は越境してるけど)。 そのうち日本へも発送OKなドイツの通販サイトが見つかれば追加していきます。

他にも優れた通販サイトはあるかもしれませんが、現時点(2018年10月)での、おすすめしたい通販サイトになります。 販売価格などは通貨レートなどの変動により変更されるため、あえて価格を削除しています。 詳細はリンク先からご確認ください。

注意:当方のウェブサイトから行うリンクに関し、リンク先のウェブサイトの内容を保証等するものではありません。 そのため、本サイトの記載事項・リンク先にて発生した損害に付きまして、当方は一切の責任を負いかねますことご了承の上、ご利用くださいませ。




こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事