一時帰国 日本からドイツに持ち帰って役立つ食材リスト

日本へ一時帰国時にいつも思い悩むこと、「何をどれだけ持って帰るか?」 日本には便利なものも、美味しいものも沢山あって、とてもじゃないけれど23キロ×2スーツケース(箱)(普通のエコノミークラスの場合)では収まりきりませんよね。 試行錯誤して毎回日本から持ち帰って、良かった!と思えた食材をまとめました。 (適時追記・変更します)

Advertisements

近年はオンライン通販などで気軽に日本の商品は購入出来るけど、費用はかなり割高になったり、思っていたものと違っていたりするので、やっぱり日本に一時帰国の際にどば〜っと持ち帰りたいですよね。
持ち帰ってよかったわぁ、と思っているのに、時々買い忘れ(買い不足)が起こる食材を、来年の私のためにも忘れない様に忘備録としてまとめてみました。

注意:
・エビカニにアレルギーありのため、甲殻類系の美味しいものは持ち帰れていません・・・残念無念。
・納豆の匂いが苦手なため、納豆関係も持ち帰りません(お土産用に納豆ふりかけはたまに買います)

マイルール:
・基本的に、日本から食材なんかを送ってもらうことはしない様にしている
・現地(ドイツ)にあるものは、極力現地で買うようにはする(醤油とかコメとか重い物限定で)

毎日の食卓に欠かせない系 調味料系

〇〇のだし塩系

最近はこんな便利な美味しいものがたくさんあるのか〜と感動。 私が持ち帰ったのは、真鯛のだししお。 他にも、のどぐろのスープ、アゴだしの塩など、スープとしても、うどんや素麺のつゆ出汁代わりにも使えます。 夏場は適当に切ったきゅうりや白菜を漬け込んで漬物にすると最高に美味しいです。

簡単スープ系

春雨付きの1食食べきりスープ系も必ず持ち帰るもののひとつ。 旅行の時や、疲れた時の夜食、風邪をひいて料理が出来ない時なんかに大活躍します。 軽くて持ち帰りやすいし、春雨なので粉々になることもなく便利です。 フリーズドライの味噌汁も少なくとも一袋は持ち帰る必須品です。

フリーズドライ系フード

フリーズドライの味噌、こんなに便利なものがあるなんて。 もちろん生の味噌の方が美味しいですが、味噌を切らしてしまったときや、ちょっとお湯だけ沸かして味噌汁飲みたい〜なんて時に便利です。 ほんのり味噌味に味付けしたい時も粉だと溶けやすくて、ささっと使えます。

フリーズドライ豆腐。どうせそんなに美味しくないだろうけど・・・と思っていたものの、意外と美味しくてびっくりしたフリーズドライ・シリーズのひとつ。 生食の代わりには出来ないけれど、味噌汁や麻婆豆腐なんかになら全く遜色無い美味しさです。 ただし持ち帰る時に油断すると、中身が粉々になっている事もあるので注意が必要です。

鍋用スープストック系

多分世界各国の日本人の食卓で定番の調味料だと思われますが、持ち帰りやすく使いやすい。 ラーメンのスープがわりにもなるので、日本らしい風味もオススメです。 飽きがこない定番の野菜味は必ず一袋は購入します。

忘れたことはないけれど、買い忘れ防止でつい多く買ってしまうのが、味覇、または、創味 シャンタンの缶。 これ1つで全てが美味しい中華の味になるので、重いけれど欠かせません。 チューブタイプよりは、缶のほうがなんとなく美味しい気がします。(本当重いけど)

チューブ系調味料各種

毎度お世話になってますチューブ入り香辛調味料。 ショウガは忘れてもいいかな・・・とたまに思いますが、柚子コショウと青じそ、特に青じそは必需品です。 梅干しはチューブではない梅干しが好きなので、あまり購入しません。 プラスチックパックに入った味噌系調味料やソースも定番になりつつありますが、ドイツでも味噌は気軽に買える様になってきているので、味噌に自分で色々足す様にして作れるので隙間があれば持ち帰る贅沢品みたいな扱いです。

毎日なくてもいいけど 時々食べたい 食材

乾燥糸こんにゃく(ZENパスタ)乾燥しらたき

友人に分けてもらって感動。 それ以来、ずーっとお取り寄せして日本から持ち帰っています。 ダイエットや夜だけ糖質制限、なんて時にも使えます。 スープだけ作って温め中にドボン、と入れれば簡単ヘルシーラーメン?にもなります。 意外と重量はあるけれど、ボロボロに壊れたりせず(乾燥というよりももっちり固まっている感がある)、麺状のままで気楽に持ち帰れるので便利です。 いくつか種類があるようですが、森杏堂の乾燥糸こんにゃくが使いやすくて美味しいです。

おだしがしみた きざみあげ

常温保存可能な上に、ほんのり甘辛い出汁味付きのきざみあげ。 サラダに入れても良し、そのまま食べても美味しいし、もちろん煮込みや味噌汁の具にも使える。 日持ちはそこまでしないので、ドイツに帰国して和食が恋しくなる最初の数カ月で食べきる必要があります。 関西にしかないんじゃない?と言われましたが、全国的に販売中かは不明です。 ちなみに賞味期限が怪しくなってきたら、冷凍庫で保管して欲しい時にチマチマと一年を通じて使ったりも可能です。 風味はやはり落ちますが、問題はないかと・・・。

塩昆布やとろろ系

一番美味しくて、部長の渋さで癒されるのでくらこんの「しおこんぶちょうシリーズ」がオススメです。 おにぎりの具にも使えるけれど、夏はもっぱらキュウリの漬物にプラスアルファで活躍中です。

乾燥していて、ささっと使えるといえばとろろ。 とろろ汁も好きですが、うどんにどうしても入れたくなる時があるので。 毎年一袋だけ購入して、一年かけて使い切ります。

高野豆腐

©️ https://www.photo-ac.com/main/detail/2308604

高野豆腐として食べるのも美味しいけれど、麻婆豆腐の中に豆腐代わりによく使っています。 歯ごたえもあるのに、豆腐の柔らかさも感じられて美味しさ倍増する気がする。 この数年は購入パック数がどんどん増えています。 最近はサイコロ型になってるものもあるんですね!

袋麺

5個セットで購入したり、色々な味を数個ずつ持ち帰ったりします。(余った分は実家で家族が食べます) まるちゃん製麺シリーズ(特に塩)とチキンラーメンはほぼ必ず。 以前に持ち帰ったラ王のゆず塩ラーメンも美味しかったので、また見つけたら購入したいと思いながら、毎回忘れて別のパックを持ち帰ってしまってます。

のみもの系

ドイツでも購入出来るけれど、荷物の余裕があったら必ず入れてしまうカルピス(限定味系)とついつい持ってきてしまう葛湯系や手軽に飲めるフレーバーティーのパック。 ポカリスエット(粉)もカバンの隙間にちょこちょこ埋めます。(かつお節と同じくらい隙間埋め必需品)

緑茶類

ドイツも昔に比べて、本当に美味しいお茶が比較的お手頃価格で入手出来る様になってきました。 ですが、やっぱり自分の好きなお茶屋さんのお茶が飲みたいし、持ち帰れるなら持ち帰りたいですよね。 特に麦茶やほうじ茶系はまだまだ浸透しておらず、質の良い抹茶系統もなかなか見つけるのが難しいです。

年に1缶使いきれない事も多くありますが、梅こぶ茶も忘れてはいけないものの1つです。 (最近は代用で緑茶に塩昆布を入れる事も多いけれど・・・)

和風スイーツ系ドリンク

たまにおしるこが飲みたくなったり、甘酒が飲みたくなったりしませんか? 葛湯もどきを作ろうと片栗粉をといてみてもなんか不味い・・・ので、隙間があれば必ず葛湯やフリーズドライのおしるこを持ち帰ります。

おやつ・菓子系

忘れる訳が無い・・・というおやつもいくつかありまして。 私の場合はじゃがりこと小さい日持ちのするたい焼き(人形焼みたいなカステラ焼きみたいな感じの)は、絶対に忘れません。

ファミリーパック系お菓子

大きな袋菓子も良いですが、ファミリーパック版の場合は2枚ずつ小分けパックに入っているので便利。 日本土産としてバラマキお菓子セットに加えることも出来、評判も良いです。 毎回必ず買うのはおにぎりせんべい。この手の味は万国共通美味しいんですね、きっと。

梅味の海藻系ヘルシーおやつ

塩こん部長の格好良さでダイエットも捗ります

柔らかい茎わかめに梅味、硬い昆布に梅味などパターンがあり、同じ種類のものでも各種メーカーから販売されていますが、このメーカーのものが一番美味しいです。 小分けパックになっているので、夜小腹が空いた時にひとつ。 飲み会から帰宅して味噌汁が飲みたい・・・けど、作るのめんどくさい・・・なんて時にも、ひとつ。 ダイエット中のおやつにもなります。

羊羹

そのまま食べても美味しいけれど、最近はまっているのがバゲット(薄切り)に、うっすら塩バター+薄く切った羊羹をのせた、なんちゃってフランス風あんぱん。 これは騙されたと思って、一度試して頂きたいです。(マーガリンではなく、必ず塩っぽい系バターで)

うまい棒

関西空港にはファミリーマートが入っていますが、そこにちょっとした日本土産とコンビニで懐かしさを感じるアレコレがたくさんあります。 最後の「日本」を楽しめる場所ですが、個人的に必ず買うのが「うまい棒」。

持ち込みスーツケースに入る様に隙間を用意して、30本セットを買ってドイツに。 万が一乗り換えがあった時にも、飛行機が止まっても、非常食にもなるうまい棒。 お土産として近所のドイツ人に配っても喜ばれるバラマキうまい棒。 最近はパッケージも開けやすくなる様に隠れミシン目が入っていて、やおきんの愛を感じます。 うまい棒30本セットを発注しているファミマ店員さんにも感謝です。

簡単に作れるおやつ系

このシリーズは量も良し、簡単すぐ出来ておすすめです

小分けパックで1食分だけ作れる便利なスイーツ系パックも多くあります。 夏はシャービック(ミルクと混ぜて製氷皿で凍らせて食べるお菓子・・・昭和のおやつかも)も良いですが、抹茶プリンはお客さんが突然来るときにもさっと作れて喜ばれるので便利です。

日本らしいお土産

夏に遊びにきた家族から貰った夏の定番お土産、金魚。 いかにも日本、これぞ日本。 日本人でも癒される「日本らしい限定土産」は、毎回ひとつかふたつ見つけたら購入するようにしています。 自分用にも、友人用にも特別感があるので!




こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事