ドイツでも食べたい薄切り肉! 買い方、作り方

ドイツで薄切り肉を手に入れる方法、ご存知ですか? ドイツでは丸ごとのお肉は簡単に安価で入手できるのに、薄いお肉がなかなか入手しづらいですよね。 
自宅でもスライサーさえあれば自作で作ることも出来ますし、近所のお肉屋さんでも上手に説明すればなんとかそれらしい「薄切り肉」を手に入れることも出来ます。 ドイツでも薄切り肉料理を楽しみませんか? 
+ミュンヘンで薄切り肉が購入出来る場所 (2019年現在)リストも最下部に記載

Advertisements

ドイツで薄切り肉

しゃぶしゃぶ、すき焼き、といった料理だけでなく、豚バラの中華炒め、生姜焼き、牛丼など家庭料理分野で味がしみやすく、熱のとおりも早い薄切り肉は時間短縮料理の強い味方です。

こんなに便利な薄切り肉、残念ながらここドイツでは一般的ではないため普通のスーパーなどでは売っていません。

薄切り肉の豆知識

薄さの順に、以下のような一応の目安があります。

  • しゃぶしゃぶ肉の薄さ基準は約1.0mm- 2mmでダントツに薄い
  • すき焼き用のお肉は約1.5mm – 2.5mm
  • 生姜焼き用はこの3つの中で一番厚みがあるもので目安は2mm以上

日本のスーパーで売られている薄切り肉も「○mm以上、○mm以下」といった規定はないそうなので、お店によっても異なるようです。

お肉の部位のドイツ語

部位の場所 日本語 ドイツ語
1 ネック Nacken, Hals, Schulter
2 / 4 肩ロース Rücken
3 / 9 ばら Bruststück, Rippe
5 / 6 サーロイン Hohe Rippe
7 ヒレ Filet
8 リブロース Nierstück
11 もも Ober und Unter Schale
13 ランプ Rump, Hüfte
14 すね肉 Schenkel

部位の場所 日本語 ドイツ語
1 頭(かしら)、シュヴァインズコプフ Schweinskopf
2 頬肉、シュヴァインズバッケ Schweinsbacke
3 / 4 かた、シュヴァイネンナッケン
ルッケンシュペック
Schweinenacken, Rückenspeck
6 / 7 / 9 かたロース, レンデンコットゥレットゥ,
(ルーマーコットゥレットゥ)
Lendenkotelett(Lummerkotelett)
5 / 10 ばら,
ブルスト / シュバイネバウフ / バウフラッペン
Brust, Schweinebauch, Bauchlappen
8 ヒレ Filet
11 うで, シュバイネシュルター Schweineschulter
12 そともも, もも, シンケン Schinken
13 / 14 豚足, アイスバイン / ハクセ
シュバインスフス
Eisbein, Haxe, Schweinsfuß
15 シッポ, シュバイネシュバンツ Schweineschwanz

お肉屋さんでドイツ語で「薄くスライス」をお願いするには?

事前(2,3日前まで)に注文することで薄切り肉を作ってもらえるかどうかを確認します。

とても薄くスライスした肉を購入できる場合は、事前注文したいです。 = Ich hätte gern vorbestellen, wenn ich sehr dünn geschnittenes Fleisch kaufen kann.

「とても薄くスライスした肉」がどれ位かと尋ねられる場合も想定して、写真のイメージ画像などがあると、わかりやすいかもしれません。

もし薄切りにしてもらえるようなら、次にどの部位のお肉をどのくらいの量(500g, 1kg)が、欲しいのかを伝えます。 口頭で伝えるのが難しい場合、紙に単語を書いて渡してもいいかもしれません。 豚のばら肉の薄切りが500gほしい場合、

 

日本語 ドイツ語 読み方
豚ばら肉 Schweinebauch シュバイネバオフ
骨と皮なしの部位 Ohne Knochen und ohne Haut オーネ クノッヘン ウント オーネ ハウト
500g Fünfhundert Gramm フンフ フンダート グラム
2mm Zwei Milli Meter ツヴァイ ミリミーター
薄切りスライス dünne Scheiben デュンネ シャイベン
ハムのように wie Schinken ヴィー シンケン

文章で注文する場合は、このように伝えてみてください。

豚ばら肉の薄切り500gを薄切りのハムのように、まだ半解凍の状態で2mmの薄切りにしてください。 =
500g, Schweinebauch ohne Knochen und Haut
Bitte schneiden Sie noch halb gefrorener Teil circa 2 mm dünne Scheiben wie Schinken.

明後日に取りにきたいんですが可能ですか? =
Ist das möglich, es Übermorgen abzuholen?

自分で薄切り肉を作ってみよう!

準備するもの:

パンやハムなどをスライスするためのスライサー (ドイツ語:Allesschneider, Aufschnittmaschine)

塊肉、骨なしヒント

約1.2kg から 2.0kg位の大きさがお勧めです。 あまり大きな塊ですと中心部の解凍状態を判別するのも難しく、またスライサーの上で動かすのも大変なのでこのサイズが丁度よいようです。

❶ まずはスーパーで豚肉の塊まり肉、骨なし(今回は約1.3kg)を購入します。

❷ 外包装をはずし、後でスライスしやすいように形を軽く整えてクッキングシートや、ラップでくるんで一晩冷凍させます。

❸ 冷凍庫から凍った肉の塊を出し、室温(21℃)で約2時間ほどかけて解凍させます。


❹このときに完全解凍させず、持ち上げてみて外側が少し解凍されたかな?程度が、丁度よいタイミングとなります。スライサーの刃が通る程度の解凍状態で薄切りするのがコツです。

❺ 約2mmの薄さに刃をセットしてスライスしていき、順番にラップの上に並べていきます。

❻ 後でスライスしたものは、1回の調理で使いきれる量の約400gずつに分けて保存するため、ラップを使って薄切りしたものを3つに分けていきます。

最後まで薄切りにするのは難しいため、端に残ったかけらは、細切り肉として冷凍保存、後日カレーなどの煮込み料理に使います。

まとめ:

時間のあるときにまとめて薄切り肉を作っておくことで、必要な時に必要な分量のお肉がすぐに準備できます。

また冷凍保存することで長期の保存も可能となり、買い物に行きそびれたときや、スーパーの在庫が切れていたときでも、予定通りメニューを変更することなく作れるので食材の無駄が防げます。

Fleisch Schneider – 肉のスライサーには質も金額も様々なものがあり、60 €以下のお手ごろ価格から、 600 €のプロ使用ものまであります。 ですが、スライスしたお肉の見た目を気にしないのであれば、安いもので十分です。

日常使いする場合、刃の部分や受け皿部分が取り外しでき、食洗機などでそのまま洗えるタイプはお手入れが楽でお勧めです。

ミュンヘンで薄切り肉の購入が可能なお店

*2020年の情報です。 予告なく購入が不可能になる場合もありますので、事前にご自身でご確認ください。 またこの他にも薄切り肉の購入が可能なお店があるよ!という情報をお持ちの方はコメントやお問合せから情報提供頂けるととても嬉しいです。

Landmetzgerei Friedl
場所 Viktualienmarkt 3
80331 München
電話番号 089 22 39 33
開店時間 月〜金07:30 – 18:30
土 07:00 – 16:00
最寄駅 地下鉄 U6, S bahn
ヴィクトリエンマルクト内の肉屋さん
備考 *平日のお昼前後、週末などは混雑するので事前注文がお勧め

 

Metzgerei Schnitzler
場所 Entenbachstr. 2
81541 München
開店時間 火〜土07:30 – 13:30, 14:30 – 18:00
土 07:00 – 12:00
最寄駅 トラム18 Mariahilfplatz
マリアヒルフ広場近くのお肉屋さん
備考 *事前注文がお勧め
REWE Center Fleisch Theke (お肉売り場のカウンター)
場所 Rosenkavalierplatz 5
81925 München
開店時間 月〜土07:00 – 20:00
土 07:00 – 16:00
最寄駅 地下鉄 U4, トラム16,17 Arabella Park
アラベラパーク近くの大型スーパーマーケット
備考 *事前注文しなくても混雑してない場合、その場で薄切り肉が作ってもらえます.
*1kg以上の大量購入や、週末など混雑するタイミングでは事前注文がお勧め
Vinzenzmurr
場所 Bülowstr. 5
81679 München
電話番号 089 98 15 57
開店時間 月〜金08:30 – 18:30
土 08:00 – 14:00
最寄駅 Herkomerplatz トラム16,17 Bus54, 58, 68,154,189, 537 から徒歩2分,
U4 Richard Straus Strasseから徒歩8分
備考 *事前注文しなくても混雑してない場合、その場で薄切り肉が作ってもらえます。
**1kg以上の大量購入や、週末など混雑するタイミングでは事前注文がお勧めです。



こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事