ドイツ朝ごはん界の新トレンドを追う!「ポリッジ」

ドイツにお住いのみなさん、朝ごはんに何を食べていますか? 最近ドイツのドラッグストアで、「ポリッジ」を良くみかけるようになりました。ミューズリーに続いて新しくドイツの健康的な朝ごはんの定番になるのか? そもそもポリッジとは何か? 調べてみました。

©︎SHermannFRichter-pixabay

みなさんは、朝ごはん(Frühstück、フリューシュトゥック)には何を召し上がっていますか?

ヌテラを塗ったクロワッサン?

どっしりとしたサワードウのパンに、チーズやハム?

グリーンスムージー?

それとも和風に、ご飯とお味噌汁?

いろいろな朝ごはんがありますが、ドイツのここ数年のトレンドで、ポリッジに人気が高まっているようです。そこで、

  • ポリッジってそもそも何なの?
  • どうしてポリッジが人気なの?
  • 健康にいいの?
  • どうやって作るの?

そんな疑問について調べてみました。

そもそもポリッジとは?

©︎MelanieRodriguez_pixabay

もともとはベイクドビーンズと並んで、イギリスの古典的で伝統的な朝食として知られているポリッジ(Porridge)。細かく刻んだでんぷん質の植物(通常は穀物)を、牛乳または水の中で加熱または煮沸することによって作られる食品です。

これは穀物の調理の仕方としては最も古く、最も単純な方法で、今日でも世界中で実践されています。

ポリッジに使われる穀物は、オーツ(Hafer、ハーファー)が多いようです。

Hafer、ハーファー
25kg !で販売されたり
普通のご家庭では500g
Alnatura Bio製がおすすめです

アメリカでは、オートミールとも呼ばれます。オーツではなく大麦を使うこともあるようです。オーツをお米に換えたら、日本のおかゆになりますね。

ポリッジはほとんどの場合、ボウル(Schüssel、シュッセル)に入れて熱々で提供されます。

甘くてもしょっぱくてもおいしい

ドイツの朝食では、よくsüß oder herzhaft(スース・オダー・ヘアツハフト、甘いかしょっぱいか)というポイントが問題になったりしますが、ポリッジも、砂糖や蜂蜜、(ドライ)フルーツ、シロップなどの調味料を加えて甘く調理したり、香辛料や肉、野菜と混ぜ料理することができます。

日本だと、おかゆを甘くして食べるという発想がないので、ちょっとびっくりしますが、英国ではもともとお米を甘く煮たミルクライスというおやつ・デザートもあり、そのあたりは許容範囲が広いのでしょう。

過去ドイツでは人気のなかったポリッジ

この英国伝統の朝ごはんポリッジは、実はドイツにも長らく「ハーファーブライ、Haferbrei」として存在しています。

しかし、残念ながら、このハーファーブライの評判はあまり芳しくありません。

人気のない理由その①美味しくない?

あるベルリン在住の料理研究家&ブロガーの女性は、こんなことをブログに書いています。

「ドイツ語では、ポリッジはハーファーブライと訳されていますが、何年もの間、消化のよい食べ物としてしか認識しておらず、美味しいと思ったことはありませんでした」

筆者の身の回りでも、ハーファーブライと聞くと、顔をしかめるドイツ人が多いようです。どうやら小さいころにお腹をこわし、その時の食事がハーファーブライだったりした苦い記憶があるからのようです。

筆者自身は、子どものとき実家にクエーカーオーツ社のオートミールがあり、ときどき自分でもポリッジを作って食べていたほどには好きだったので、ドイツ人が美味しくないというのがよくわからないのです。どうやったらそんなに不味くできるのでしょうか?

その謎も次の項目で少し解明されます。

人気のない理由その②貧しいイメージがある?

ミルクを添えて©︎IreneB_Pixabay

ここでちょっと、ポリッジの歴史的考察を。

英国の郷土料理であるポリッジは、かつては貧しい人々の食事と見なされていましたが、当時は今日のように朝食としてのみ食べられたわけではなかったようです。

ポリッジはスコットランドで生まれ、労働者階級の家庭で朝食のみならず、昼食にも夕食にも食べていました。

当時のポリッジは水と混ぜて温めただけで、冷たい牛乳、クリーム、またはバターミルクが添えられて食卓に上ることが多かったようです。スプーンにすくったポリッジは、それらの冷たい液体にいったん浸してから口に入れらたそうです。

昔の貧しい家庭では、調理のための燃料を確保することもなかなか容易ではなく、普段の食事では火を使わないですませることも多いと聞きますが、確かにこのような調理法では穀物のデンプンが糊化しないままなので、美味しくなかっただろうなと思います。

こういう貧しさを感じさせるイメージが残っていて、ドイツ人はハーファーブライが好きではないのかと推測いたします。

ポリッジに関するドイツ人の意識調査

ここで、ドイツ連邦統計局が2017年に発表した、ポリッジについてのアンケート結果の一部をご案内します。

Q「ポリッジに関する次の記述のうち、最も当てはまるものはどれですか?」

という問いに対して、一番多かった回答が、

A「ポリッジが何か知りません」

というもので、これは27%でした。

アンケート対象者の方の年齢はわかりませんが、ある程度お年寄りの方だと、聞いたことはない、というのもあるかもしれないな、と思いました。 続いて、17%と多かったのが、

ポリッジについて聞いたことがあり、試したことはありませんが、そのうち試してみることは想像できます

という回答。石橋を叩いて渡る的な慎重さが見られる回答ですね。同じく17%の方が、

ポリッジを試したことがあるが、私には合わなかった

と回答しています。ちょっと残念ですが、試してみて合わなかったのなら、あきらめもつきますね。一方でちょっと頑固さんなのかしら? と思わせる回答が、

ポリッジについて聞いたことはあるが試したことはなく、今後も試そうとは思わない

で、これは14%の方がそう回答しています。これからも自分を大切にして生きて行ってほしいものです。希望の光が感じられるのは、同じ14%の方が

ポリッジはたまに食べます

と回答していることです。さらに、4パーセントの人が

定期的にポリッジを食べます

と回答しています。たまに食べる人と定期的に食べる人が、合わせて28%、約3割ということになります。

これは2017年のアンケートなので、その後5年が過ぎた2022年現在、ポリッジの人気はより高まっているという認識は、あながち間違いではないと言えるでしょう。

ポリッジの人気がドイツで高まっている理由は?

©︎RitaE_pixabay

不人気だったハーファーブライから、ポリッジとして生まれ変わり人気急上昇中! いまなぜドイツでポリッジの人気が高まってきているのでしょうか?

ここでまた、ドイツ連邦統計局が発表した、別の2019年のアンケートをご紹介します。

「朝食のトレンドとして何に関心を寄せていますか?」という問いに対し、

  • ポリッジ                      20.1%
  • 自分で組み合わせられる製品(例:ミューズリー)   15.9%
  • スムージー・ボウル                 7.6%
  • スーパーフード(例:アサイベリー、チアシードなど) 5.1%
  • ドリンクフード                   3.9%
  • 何も                        47.5%

という回答が得られました。

約半数の人が何も関心を寄せていないというのが、いかにもドイツ的ではありますが、何かに関心を寄せている人の中では、ダントツでポリッジが1位、という解釈ができるかと思います。

オーツは健康によい穀物

実はポリッジの材料として使われることの多いオーツ(Hafer、ハーファー)は、美味しいだけでなく多くの健康上の利点があります。

オーツは多くの栄養素を備えていますが、その中でもビオチンと亜鉛含有量は、肌、髪、爪に良い影響を与えます。 40グラムのオーツを摂ることで、毎日のビオチンの必要量をカバーすることができます。

また、オートミールにはもともとグルテンがほとんど含まれておらず、ほぼグルテンフリーと言えます。

水溶性繊維とそれに含まれるベータグルカンのおかげで、体内で抗炎症効果を発揮します。

オーツには、ビタミンB1やB6などのビタミンも含まれていますが、 これらのビタミンは、健康的な睡眠にとって大事なビタミンです。

その他の健康上の利点は、オート麦がコレステロール値を下げることができること、糖尿病や心血管疾患のリスクが低いこと、オート麦には不飽和脂肪酸が豊富に含まれていることです。

簡単に調理することができる

健康上の利点だけでなく、調理が簡単というのも、日々の食事では大切になりますね。基本の材料も水とオーツだけ、使う調理器具も小ぶりの鍋がひとつと、かき混ぜる木べらやスプーンなどがあれば作ることができます。キャンプ場でも作れます。

キャンプ場でも ©︎Marina-Kratko_Pixabay

できたポリッジは、そのままシンプルにオリーブオイルとお塩でいただいてもおいしいですし、甘い朝ごはんにしたい方は、シナモン、季節の果物、チアシード、キビ、ナッツ、蜂蜜、メープル シロップ、チョコレートチップなどのいろいろなトッピングをすることもできます。

いろいろレシピを除いてみましたが、どうやらドイツでは甘いポリッジが主流のようです。

減量にも効果的?

オーツのポリッジには多くの健康上の利点があることは書きましたが、さらに満腹感があるというのも大きな追加ポイントのひとつです。そのため、ダイエットにも推奨されることが多いです。

減量のためのポリッジの作り方をYouTubeでアップしている方を見つけました。

プロテインを摂る、というのが減量のポイントのようですね。

*もともとドイツ語の動画です。YouTubeのドイツ語から日本語への自動翻訳はまだそんなにクオリティが高くないみたいですが、なんとなーく意味はわかるので、試しに使ってみるのも面白いかも。

このように、いろいろな効用のあるポリッジ。筆者も久しぶりに食べてみました。

あなたの食生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか?




こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事

error: Content is protected !!