年に3度のお楽しみ! ミュンヘンのアウアードゥルト 【10月キルヒヴァイードゥルト】

アウアードゥルト(Auer Dult)はミュンヘンの伝統的な年の市のひとつです。10月のキルヒヴァイー(Kirchweih)の前に始まる、キルヒヴァイードゥルト(Kirchweihdult)についてご案内します。

Advertisements

ドイツの年の市 ヤーマルクト(Jahrmarkt)

ドイツでは中世以来、各都市において年に一回、数日間にわたり開催される彩り豊かな年の市(Jahrmarkt ヤーマルクト)というお楽しみがあります。

ミュンヘンのアウアードゥルトは一年に3回

ミュンヘンの東南地区にあるマリアヒルフプラッツ(Mariahilfplatz)でも、古くから親しまれているアウアードゥルト(Auerdult)という年の市があります。これは年に一度だけでなく、3回あるので、お楽しみも3倍です。例年ですと、年間30万人が訪れるといわれています。

アウ(Au)という名前の地域で行われるドゥルト(Dult、南東ドイツでヤーマルクトを意味する言葉)なので、アウアードゥルトというのですが、その3回のドゥルトとは、以下になります。

  • Maidult マイドゥルト: (5月開催: 2021年キャンセル)
  • Jakobidult ヤコビドゥルト (7月開催: 2021年規制ありで開催)
  • Kirchweihdult キルヒヴァイードゥルト (10月開催: 2021年10月16日から24日開催)

この記事では、10月のキルヒヴァイードゥルトについてご案内します。

キルヒヴァイー Kirchweihとは

Kirchweihはバイエルン州にしっかりと根付いている伝統で、毎年、教会の聖別式が公式に行われます。バイエルン州の多くの地域では、10月の第3日曜日はKirchtagとして祭りのカレンダーに定着しています。

地域によっては、キルメス(Kirmes)やルンメル(Rummel)、またスイスではチルビ(Chilbi)と呼ばれることもあります。食料品や日用品が販売されるスタンドが出るほか、今日ではメリーゴーランドや観覧車などのアミューズメントパーク的な施設が出店することが多く、老若男女を問わず楽しめるお祭りです。

キルヒヴァイードゥルト(Kirchweihdult)

欧州最大の食器市場としても有名なアウアードゥルト。ご家庭での普段使いにぴったりのお皿やティーカップなどをみつけられます。

その他、ドイツらしい木製のまな板(パン皿)、料理に使う鍋やお玉などの家庭用品や、オールウールの靴下の店、リサイクリングした銅を使って作るクリスマス飾り、アロマオイルなどの自然療法のお店、などもあります。

他にも、ノスタルジックな趣の回転ブランコ、メリーゴーランド、スイングボード、バンパーカー、シューティングギャラリーなどの遊具の出店もあります。

サバの炭火塩焼きの屋台や、オーガニック・ソーセージ、クレープなどのお店もありますので、おなかがすいて困るということはありません。

2021年のキルヒヴァイードゥルト

例年ですと約300の屋台や遊具などが出店するお祭りですが、2020年は規模を縮小して開催されていました。 今年2021年もキルヒヴァイードゥルトの開催に必要なコロナ感染拡大防止対策のため、Mariahilfplatzはフェンスで囲まれる予定です。

2020年開催時の会場の出口は、MariahilfplatzとSchweigerstraßeの角と、MariahilfplatzとOhlmüllerstraßeの角にありました。
入場が遅れたり、入場エリアが混雑している場合は、入り口の前に待機エリアがあります。
トラムの停留所から会場へと向かう道路Ahornalleeの路地には一方通行のルールが適用されますので、現場の指示に従ってください。

キルヒヴァイードゥルト
日時 2021年10月16日〜10月24日、10時~19時
場所 マリアヒルフプラッツ(Mariahilfplatz)
行き方 トラム18番の停留所(Mariahilfplatz)から徒歩3分。バス52番(Mariahilfplatz停留所)と62番(Schweigerstraße停留所)からも徒歩2~3分です。
自家用車の場合 マリアヒルフプラッツ周辺には駐車スペースがないため、公共交通機関の利用をお勧めします。
ご注意 コロナのため、残念ながら、Kirchweihdultのマーケットエリアには500人しか入場できません。訪問者の最大数に達すると、再び十分なスペースと距離が再び得られるまで入り口は一時的に閉鎖されます。
入場料 なし
当記事内の画像は2020年撮影のもの:©️神谷ちよ



こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事