欧州内唯一の合法的テレビ日本語放送 JSTV 【2020年11月から 半額キャンペーン実施中】

日本のテレビが海外で見たい、あのドラマの続きが気になる・・・そんな思いを抱えながら涙を飲んで海外に出てきたのも今は昔。 ドイツでもインターネット接続さえあれば、日本のドラマやニュースが安心して楽しめるようになりました。 欧州内で日本のテレビが楽しめる唯一の合法的なサービスJSTVについてご紹介します。 (*料金は2020年11月現在の料金です)

Advertisements

合法的なテレビ視聴サービスを勧める理由

インターネットが普及し、テクノロジーが進化する中非合法なサービスも残念ながらどんどん増えてきました。

何故、非合法だとダメなのか? だって、多少広告は入ってもCMと同じと考えれば問題ないじゃない・・・と思ってしまう方もいるかもしれません。

非合法=法を破っていると言うことでそもそもダメなのですが、利用者自身のリスクをきちんと知っておきましょう

  • ウイルスへの感染のリスク
  • インターネット視聴を通じてIPや個人情報が取られてしまう可能性
  • IPや個人情報を取られると、犯罪に利用されてしまう可能性
  • 犯罪に利用されて捕まってしまう可能性
  • アクセスしている間にマイニング(仮想通貨の生成)を勝手にさせられてしまう可能性

リスクではないけれど、せっかくの面白い番組を低画質、雑音混じりの音声で見ても楽しさも半減します。
なによりも著作者の権利を侵害し、正規の料金をきちんと支払って見ないということは、製作者にお金が渡らないということ。

つまり、楽しみにしていたドラマやアニメの続きが制作されなくなるかもしれません。

JSTV -i とは?

JSTVはNHK、各民放、各種権利団体から正式に許諾を受けてテレビ番組を放送している、欧州内唯一のテレビ視聴サービスです。

その昔は衛星放送アンテナの設置やケーブル会社との契約が必須だったりと、ちょっとだけ敷居を高く感じてしまっていましたが、今はインターネット接続さえあれば視聴が出来るようになった点も、オススメのポイントです。

インターネットでの視聴はJSTV-i と名称が少し区別されています。

JSTV-i の料金表を見てみると、1ヶ月最安で40EUR。キャンペーンをうまく使うと、初月だけですが25EURで1ヶ月間の視聴が可能になります。
*キャンペーン情報は記事最下部に記載

注意:2020年11月から12月31日までキャンペーン実施中。 初月のみ25EURになります。
月毎契約は初月はキャンペーンで25ユーロになり、解約の申し出がない限りは、2か月目からは月額50ユーロで自動更新されます。
注意2:「12か月契約」が20%オフになるのは、初年度の12か月間のみとなります。
JSTV-i 料金
7日間視聴パス 15EUR
14日間視聴パス 28EUR
月毎契約*
11月から
半額キャンペーン実施中
50EUR/月

25EUR/月
12か月契約(初年度料金) 40EUR/月

クリスマスとお正月の季節はいつもは日本に一時帰国する方も、今年はコロナ禍の影響でドイツで過ごす人も多いのではないでしょうか。

休暇期間を家にこもって過ごすなら、まずは2020年11月1日からのキャンペーンを利用して1ヶ月(初月のみ月額25EUR)を乗り切るのがオススメです。

コロナが落ち着かない今年は、初回キャンペーンの初月が終わった翌月からすぐに12か月契約(月額40EUR)に移行しても、「全くテレビを見るヒマがなくて全然見れなかった〜」と悔やむことはないはず。

なにより、安全に安心して日本の番組が楽しんで見れるなら、それに越したことはないですしね。

話題のドラマ、バラエティーやニュース番組を見逃さない

大反響と大好評を得た半沢直樹の第二シリーズがスタートし、人気のバラエティー番組に、毎日のニュース、そして年末年始の紅白歌合戦と目白押しですが、11月の番組表からお勧めをピックアップしました。

半沢直樹

11月4日スタート。英国:19:40〜 ドイツ:20:40〜 初回は拡大SP版

待望の続編がついにスタート!池井戸潤原作の半沢直樹シリーズ「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)が映像化されます。

簡単に内容を説明すると、前作でまさかの出向を命じられた先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まります。

今回はどれくらい「倍返し」が出てくるのか、どんな理不尽な要求を乗り越えていくのか・・・。 もう始まる前から気になって仕方がないです。

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

11月24日スタート。英国:19:40〜 ドイツ:20:40〜 初回は拡大SP版

石原さとみの新シリーズは病院薬剤師として8年目のキャリアを持つ女性薬剤師のストーリーです。 患者ひとりひとりに深入りしてしまい、他の薬剤師から叱られつつも奮闘するヒューマンドラマです。

タイトルのアンサング・シンデレラは、「アンサングヒーロー = 縁の下の力持ち」からきています。 ちなみにドイツ語だとunbesungener Heldです。

土曜時代ドラマ 子連れ新兵衛2

11月11日スタート。英国:23:40〜 ドイツ:24:40〜 全7回

私の個人的一押し、大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信秀を好演中の高橋克典が主人公の時代劇もおすすめです。

酒好きで腕のたつ浪人・松村新兵衛を高橋克典が演じます。 新・子連れ狼・・・ではないですが、慣れない子育てに奮闘しつつも市中の問題を解決していく痛快時代劇ドラマシリーズの第2弾。

朝の連続テレビ小説 おちょやん

11月30日スタート。英国:07:00〜 ドイツ:08:00〜

コロナ禍の影響により、異例の11月末からのスタートのNHK 朝の連続テレビ小説「おちょやん」舞台は明治の末、大阪の南河内。

「大阪のお母さん」と呼ばれるようになった女優・竹井千代(杉咲花)。 千代と結婚する喜劇界のプリンス・天海一平役には成田凌、夫婦二人三脚で昭和の激動期を駆け抜ける物語です。

バラエティーやニュース番組も豊富

バラエティ

日本に帰ったら必ず撮りためていたものをみる人も多いのでは? 「マツコの知らない世界」「チコちゃんに叱られる」といった人気番組も放映中。 どんな道でも、その道を極めた人は素晴らしく魅力的ですが、時として天才は奇人でもあり・・・ですが、軽くいなしてあしらうマツコの嫌味のない対人コミュ力の高さに惚れ惚れします。

「好奇心旺盛でなんでも知っている5歳」の少女チコちゃんに叱られる大人たちの様子も面白いですが、専門家たちによって掘り下げられていく知っているようで知らなかった常識や知識が、しっかりインプットされる番組です。

俺たちのテレ東、発の「世界!ニッポン行きたい人応援団」も海外生活をしている私たちにとっては、「あ〜いるよねこういう人!」とより共感を持ちやすいかもしれないオススメの番組です。

ニュース

日本と同時放送の「ニュースウォッチ9」では、日本で今話題のニュースをしっかりリアルタイムで見ることが出来ます。

「イチバン」欲しい情報を、「市場」みたいなスタジオから放送する、元気でさわやかな生放送番組。

毎週月〜金曜放送の「あさイチ」では、生活実用情報もあれば社会問題、しっかりとした特集も毎朝楽しい情報番組です。視聴者からのメールやFAXに答えてくれる視聴者参加型なのも生放送ならではの楽しさがあります。

年末といえば紅白歌合戦

12月31日 放送予定

近年は他番組に押されている感もありますが、やっぱり日本の最近の流行り曲や懐かしお馴染みの歌手が見える安心感は外せません。

去年はAIの美空ひばりのまさかの新曲も披露されましたが、今年のサプライズが気になります。 個人的には今年も氷川きよしには更なる限界突破を魅せて欲しいです。

年末の風物詩、これが終わる頃に年越しそばを食べて、除夜の鐘を聞きながら新年の挨拶をかわす・・・除夜の鐘はドイツでは花火と爆竹の音になってしまうかもしれませんが。

2020年 JSTV キャンペーン

今年のキャンペーンは2020年11月1日から1ヶ月半額キャンペーンが始まります(初月のみ半額)。

半沢直樹の新シリーズに合わせてスタートし、かなりお得に視聴が可能です。

またフランス、英国は夜間の外出禁止、ちょうどスペインでは緊急事態宣言、イタリアも規制強化となり、ドイツもそろそろロックダウン秒読みになりつつあるタイミング。

どうしても自宅で過ごす時間が多くなる今、気軽にインターネット視聴を試してみるのも良いかもしれません。

JSTV お申込み方法
会社名 NHK Cosmomedia (Europe) Ltd.
電話 +44-20 3951 7960
(月〜金10:00-17:00 <CET>)
HP www.jstv.co.uk
キャンペーン
2020年11月1日〜
「月毎契約」半額キャンペーン実施中
50EUR→25EUR(*初月のみ適用)
申込み方法 お申込みはHPから。お申込み後に即日視聴開始可能



こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事