5月1日はメーデー(労働の日)ですが、ドイツではマイバウムの日!

ここドイツでは毎年5月1日は メーデー(労働の日) Maifeiertag / Tag der Arbeit(他にもいろんな呼び名があったりします)という祝日扱いの日があります。 このメーデーの日は、実は別の大事なお祭り騒ぎの日でもあったことをご存知でしょうか?

Advertisements

労働の日 5月1日

最近は、日本でも5月1日、または、その間近の土曜日などにデモや労働組合での行事など行う場合があるようです。 ドイツでは5月1日は、本来は、現在は労働の日としての方が有名になりつつあるので、伝統的な夏の到来を祝い祭る「マイバウムの日」が少し忘れられつつあるかもしれませんね。

ドイツでは、労働の日と言いつつも、まだまだ5月祭りのイメージが損なわれていないのか各地の広場でお祭りのようなイベントが開催されています。
お子さん向けの無料の工作や、参加型イベントを行っているところも多く、音楽(ライブコンサート風)があったり、出店で飲み食いしたり、とお祭りそのもののような雰囲気もあります。

イベント@ミュンヘン

例えばミュンヘンの場合、5月1日はちょうど同時期に行われている春のオクトーバーフェストなどもありますが、Vikturalienmarkt – ヴィクチュアリエンマルクト、Mariahilfe – マリアヒルフェ、市内の公園や、Marienplatz – マリエンプラッツ カルチャーフェストなど色々な行事が行われています。

名称i Kulturfest 1.Mai
場所 Marienplatz
日時 5月1日 09:45〜*

ヴィクチュアリエンマルクトは人混みもマリエンプラッツに比べれば少なく、(と言っても賑わっていますが)、お子さま用のスタンドも多いので、小さなお子様のいる場合はこちらの方が楽しいかもしれません。

お祭り気分だけではなく、地域によっては、デモンストレーションも多く行われています。 デモはもちろん警察隊によって規制されていますが、たくさんの酔っ払いや悪ふざけをする人も多いので、お子さんを連れて行く際には雰囲気を見て、危険がないかを判断してくださいね。

* 2020年は新型肺炎コロナウイルス(COVID-19)の影響によりキャンセルされました。 バイエルン州では大規模イベントは全て8月31日までキャンセルもしくは延期となります。(2020年4月末の情報のため、禁止期間が延びる場合もあります)

マイバウム 争奪戦

©️www.bayern.by – Peter von Felbert

ドイツでは5月1日は「労働の日」であるとともに重要な「Maibaum マイバウム」の日でもあります。

ドイツの町の中心の広場などに立っている高い飾りのついた木のことをマイバウムと言います。 地方によって、地域の中でも地区が変わればマイバウムの様式も大きく異なります。 (南部はどちらかというと積極的に飾ったり、大きな木を立てるようですが、北部や一部地域では5月1日前後のみ飾り付けたりする場合もあります)

町により様々ですが、毎年または数年に一回、5月1日に新調されます。 この新調する時期を狙ってマイバウムをお互いの町々が盗み合うイベントが近年習慣になって来ているようです。

盗まれないように前日に見張りを立てても、隙をついて盗まれたりすることもあるようです。 あんなに大きな(長い)ポールが、うっかり盗まれるとは想像出来ませんよね。

盗んだ側は盗まれた町に「盗みましたよ!」という連絡をして、町のみんなで飲めるくらい(町の規模にもよりますが)ビールと交換でマイバウムを返却するそうです。

©️Pixabay_Dieter Ludwig Scharnagl  盗んでるのではなくて、新調中

案外、悪ふざけが好きなドイツ人・・・。 どんどんと質実剛健、愚直で頑固、真面目のイメージが崩れていくような気がしますね。

かつて私が住んでいた町では年々住宅地が広がり、広場周辺にあまりスペースがありませんでした。 ここ数年はまるで日本の工事現場のように30m級のマイバウムを立てるのはクレーンを使って数センチ単位で少しずつ、周辺の建物に接触しないように細心の注意を払って行われていました。これを盗むのは至難の業です。

ちなみにこのマイバウムですが、田舎では前日の午後に一般道路を通行止め(運が良ければ片側のみ)にして、4頭立て馬車を先頭に荷馬車の荷台に乗せて人間が両側から支えてえっちらおっちら広場まで運ぶのが前日のハイライトだったりします。

長蛇の交通渋滞を横目に片手にビアマグ、もう一方の手でマイバウムを支えたおじさんたちが楽しそうに歌を歌って通り過ぎてゆきました。

Maibaumkraxeln マイバウムクラクセルン

©️www.bayern.by – Peter von Felbert

またニーダーバイエルンの南部ではMaibaumkraxeln – マイバウムクラクセルン というお祭りがあります。これはマイバウムの木登り競争で、毎年フィングステンのお休み(2020年は6月1日)に行われます。

©️www.bayern.by – Peter von Felbert

昔は手につばを付けて登ったそうですが、近年では秘密の配合の松脂を手や足につけて登る速さを競っています。

Maibaumkraxeln – マイバウムクラクセルン
場所 Freinbergにあるレストランの敷地内
Weinbeisser
日時 2020年6月1日(予定)
例年 12時〜19時
備考 当日は、特別シャトルバスがPassau – Freinberg間で運行
前日、当日には関連行事やパーティーも行われる

上記の情報は、予告なく変更することがあるので事前の確認をお願いします。(*2020年3月現在の価格)




こんな記事も読まれています

美容コスメ 関連記事

食・食材 関連記事

ドイツ生活 関連記事